tern RIP 2021年モデルが出揃いましたね

tern RIP 2021 Burnt
広告

今年の10月に入ってから、楽天などのネットストアで先行発売がなされていたtern RIPの2021年モデル。本家、tern Bicycles Japanの製品ページもやっとこさ2021年モデルに更新されましたので、ここに雑感を書き記します。

気になる変更は、新色「Burnt」の追加のみ?

今年の4月に晴れてRIP乗りとなってから、ずっと気になっていたRIP 2021年モデルの変更ですが、焦げた色合いのフレームカラー「Burnt(ブラント)」一色が追加されたのみと、やや肩透かしを喰らいました。スペックを見る限り、フレーム形状やトランスミッションに変更点はなさそう。

tern RIP 2021年モデル Burnt(ブラント)
こちらが、tern RIP 2021年モデルの新色「Burnt(ブラント)」。深いオリーブグリーンに見えなくもなさそうですが、光の当たる角度により、色味が微妙に変化する凝った塗装が施されていそう。

ちなみに、自分が購入した2020年モデル(シルクポリッシュ)のスペックは、下のリンクからどうぞ。

関連記事:tern RIP 2020 テストライドのインプレッション

tern RIP 2021年モデル Matte Black(マットブラック)
2016年のRIP発売当初から継続カラーの「Matte Black(マットブラック)」。過去にはフレーム形状や、ロゴの配置にマイナーチェンジが行われています。

さて、定番カラーの「Matte Black(マットブラック)」は、RIPが発表された2016年から販売の続くフレームカラー。そして、もう一色の「Ice Grayアイスグレー」は、2020年モデルからの継続販売となる3色展開。昨年の限定色モデル「シルクポリッシュ」のような存在が無いのが、ちと寂しいところ。

tern RIP 2021年モデル Ice Gray(アイスグレー)
2020年モデルの新色カラーとして追加された「Ice Gray(アイスグレー)」。2021年も販売継続となりました。

2020年モデルの赤い「Crimson(クリムゾン)」が廃番になり、「Burnt(ブラント※)」に置き換わったと考えると分かりやすい。なお、tern RIP 2021年モデルの詳細はメーカーの公式のサイトでどうぞ。

※動詞の「Burn(焼く)」の過去形・過去分詞の「Burnt」は、どちらかというと「バーントゥ」が正確な英語の発音に近いです。この辺り、自転車店のカラー表記の「ブラント」と異なるので、少しややこしいのが難。

個人的には、ユニセックスなホワイトのRIPの復活を待ち望んでいましたが、もはや無いか・・・。完全に男性向けのカラー展開に振り切ってしまった感のあるternのRIP。あえてジェンダーに言及するのも無粋な昨今でありますが、やはり、650Cに乗りたい女子は「CLUTCH」をどうぞ。ということですかね?

CLUTCHなら、フレームサイズも420mm〜とミニベロ(小径車)並みに小さいのが選べるし、お値段も¥53,000(税別)とお手頃です。

関連記事:tern RIP デザインの変遷、新旧のフレームを比較してみた

tern ROJI Bikes 650Cのラインナップは、そろそろオワコンか?

小柄な日本人の体型に馴染む650Cホイールを見直し、絶滅危惧種からポジティブなクロスバイクへとアップグレードしてみた。そんな気概とともに2016年に市場デビューを果たしたtern RIP。きっとAppleの創立者、故スティーブ・ジョブズ氏なら、「650Cホイールのバイクを再発明したよ」くらいの大風呂敷を広げたことでしょう。

しかし、フレームカラーが一色変わっただけのRIP 2021年モデルを見る限り、tern ROJI Bikesの650Cホイール車は、そろそろオワコンではないか?との一抹の寂しさを感じずにはいられません。せめて、RIPのブレーキをメカニカル・ディスク化して欲しかったというのが、個人的な心情。

しかしながら、とうの昔からオワコン規格の650Cホイール、今さらディスクブレーキを搭載するのは、そもそも設計が変態すぎて無謀?もっと言えば、ディスクブレーキ化なんかを行うと、過去のRIPとフレームの互換性も無くなってしまうので、メーカーとしてはメンテや管理が複雑になりすぎる?

(ユーザー登録をすれば)自転車の10年保証を掲げるtern技術者のそんな大人の事情が垣間見えます。しかしながら、昨年あたりからチャリ業界はディスクブレーキ元年の様相ですし、今後、650Cホイール乗りの肩身はさらに狭くなるのか?

なんだか、新作に苦言を呈するような格好になってしまいましたが、シンプルにシュッとした650Cホイールのクロスバイクであり続けてくれ、tern RIP(と、そしてCLUTCH)!

Tern 2021
tern 2021年モデルのYouTune動画。RIPの新色「Burnt(ブラント)」は、0:14あたりでチラッとだけ写ります。
タイトルとURLをコピーしました