パーツ・アクセサリ

クエロ 20F、tern RIPのパーツ、アクセサリの取付け、交換の履歴。購入したパーツや、確保した予備パーツのレビューなんかを書いています。

クエロ 20F

クエロ 20Fのカンチブレーキ TEKTRO Oryx

自分のクエロ 20F 2013年モデルにはテクトロ(TEKTRO)のカンチブレーキ、 OryxのロゴなしOEM品と思われるパーツが標準装備されていました。前後から車体を見たとき、クエロシリーズだなって認識できる良いアクセントにもなっています。
tern RIP

tern RIP スタンド問題 ミノウラ HPS-9でしばらく運用します

スポーツバイク乗りが抱えるジレンマ。それは、キックスタンドに関する問題。ことさらクロスバイクにとっては、相反する美観と実用性を天秤にかけた答えの出ない無限の問答。そんなモヤモヤとした悩みを解決すべく、ミノウラのペダルスタンド HPS-9を導入してみました。
tern RIP

tern RIP もはや絶滅危惧種 Ultegra BL-R780 ブレーキレバーを確保しました

シマノUltegra フラットバー用のブレーキレバー(BL-R780)をポチりました。将来的なtern RIP 2020の交換パーツの確保です。選択の基準は、RIPのフラットバーハンドルに取付けられて、さらにキャリパーブレーキが引けるやつ。色はRIPに合わせてブラックが絶対条件。
tern RIP

tern RIP BBB BIKESKIN フレームプロテクターを貼り付ける

本日は、Amazon開封を儀を行います。そう書くと、何だかYouTuberになったみたいですが、残念ながらブログの記事です(苦笑)。RIPのフレームをに貼り付けるフレームプロテクターを購入しました。
tern RIP

RIPにもクエロにも使えそう?ブルックスのサドル「カンビウム・オールウェザー 」

ブルックスのレザーサドルと言えば、揺るぎない定評のある品質から「本革サドルの王道」とも言える存在。良くいえば伝統的、反対の見方をすれば、やや旧態依然としたイメージのがありますが、「カンビウム・オールレザー」という新しいラインナップをご紹介いたします。
tern RIP

tern RIP ディープリムに対応した予備チューブを購入する

tern RIPは、リム高41mmとそこそこディープな黒ホイールを履いています。ローハイトのホイールと比較を行なったわけではないので、これがもたらすエアロ効果は未知数ですが、なによりもルックスが非常に良い。しかしながら、メンテナンスを考えた時、交換チューブはどうする?
tern RIP

tern RIP ハンドルバーバッグを取付ける

RIPのハンドルバーに5Lのバッグを取付けました。ROCKBROS(Amazonのページにジャンプします)という中華ブランド製、後述しますが合体できる親バッグと子バッグの子バッグの方。
パーツ・アクセサリ

バイクパッキング?予備のチューブと基本工具でパンクに備える

Zefalのボトルケージに入るツールボックスを紹介します。自転車の予備チューブや簡単な工具類なんかを収納します。ちなみに中華製ではなく、Made in Franceです。
クエロ 20F

クエロ 20F タイヤ交換にまつわる話

2014年の1月に購入して以来、愛車のクエロ 20Fも前後で4セット目のタイヤとなりました。タイヤ交換も自分で覚えてしまえば、出先でのパンクにも対応できるし、あれこれ好きなタイヤを選んで試せるしね。
クエロ 20F

クエロ 20F あまり性能アップにならないドレスアップパーツを取付ける

クエロ 20Fのフロントのダブル化して、サドルとハンドルグリップを本革レザーへの交換を終え、そろそろ「ドレスアップパーツ」のひとつでも取付けてみたくなってきました。
タイトルとURLをコピーしました