tern RIP

2020年4月某日、家に届いたtern RIP 2020(シルクポリッシュ、フレームサイズ:460mm)に関するカテゴリー。車体各部の紹介や、カスタマイズ、整備、トラブル対応を中心に、走行インプレッションも随時アップデートを予定しています。

tern RIP

tern RIP AliExpressから中華カーボンが届きました① フロントホイール編

昨年末、中華の謎のマーケットプレイス、AliExpressで注文した650Cのカーボン・ディープリムホイールが、今年の1月の半ばに届きました。注文からちょうど30日後に、家まで届けてくれた配送業者はDHL。今日はいよいよ、そのインストールのフロントホイール編です。
tern RIP

tern RIP クランクの交換② シマノ ALFINE FC-S501のインストール

tern RIPのボトムブラケット(BB)をホローテック IIに換装し、いよいよシマノ ALFINE クランクセットをインストールします。ただし、チェーンリングをRace Faceのナローワイド44Tに交換し、できるだけRIPのオリジナルスタイルを踏襲します。
tern RIP

tern RIP クランクの交換① BBをホローテック IIに換装する

tern RIPのボトムブラケット(BB)は、もはや旧規格の代表、安定のスクエアテーパー型。今でもママチャリからクロスバイクまで、多くの自転車に採用されている現役バリバリのパーツですが、これをシマノのホローテック IIに換装し、クランクの交換を行う作業の前編です。
tern RIP

tern RIP knog+ ポジションライトの追加で夜間走行の安全対策

夜間走行をしていると、こちらから前方の車は見えているのに、肝心のドライバーが接近する自転車に気付いていないケースが多々あります。今日は、tern RIPのハンドルバーにポジションライトを追加して、自分の存在をいち早く車にアピール。少しでも夜間走行が安全になる試みを行います。
tern RIP

tern RIP ニップルのサイズを調べてみた

昨年の12月、tern RIPのフロントホイールのニップルが緩み、ホイール内部に脱落するトラブルがありました。どうにかこうにか、その場はあり合わせの工具で凌ぎましたが、これを機にニップルレンチ(またの名をニップル回し、スポークレンチ)を二つ購入してみました。
tern RIP

tern RIP【ワニ皮】タイヤをコンチネンタル GatorSkinに交換して、耐パンク性能の向上を図る

先日、夜間の走行中にRIPのリアタイヤがスローパンクする事態に見舞われ、その原因究明と修理に翌日の丸一日を費やす、といった悲劇がありました。したがって今日は、RIPのタイヤを交換。コンチネンタルのGatorSkinに履き替え、耐パンク性能の向上を図る作業を行います。
バイクコラム

謎のマーケットプレイス AliExpressで中華のカーボンホイールをポチりました

中国のアリババグループが運営する巨大なECサイト、AliExpressで中華のカーボンホイールをポチりました。何でまたそんな所へ?それは、650Cのディープリムなカーボンホイールなどというマイナー品が、ここでしか見つからなかったから・・・。
tern RIP

tern RIP サドルを交換:Fabric Scoop Elite Shallow

先日、tern RIPのフロントブレーキで前輪がガッチリとロック。車体がジャックナイフして進行方向に半回転。サドルから地面に落下した衝撃で、サドルレールが曲がってしまいました。よって、Fabricのサドル「Scoop Elite Shallow」に交換を行います。
tern RIP

tern RIP 【悲報】疲労困憊のスローパンク、からの修理で1日が潰れる

仕事のある日はいつも、帰宅後の夕食前に15kmほどのナイトライドに出かけるブログの中の私。今日は、つい先日見舞われた悪夢のようなパンク体験について、あれこれ書き記してみます。それはタチの悪いパンクから、色々と学ぶことも多かったので・・・。
tern RIP

tern RIP 【悲報】フロントホイールのニップル外れ、からのバタバタな修理作業

tern RIPで走行中、フロントホイールに「カラカラ、ビリビリ」と言った異音を感じ始めました。RIPに乗って早くも7ヶ月、前後タイヤのローテーションを行おうと改めて前輪を観察すると、フロントホイールのニップルが、ひとつ外れているではないですか!
タイトルとURLをコピーしました