650C

tern RIP

tern RIP デザインの変遷、新旧のフレームを比較してみた

今日は、tern RIPのデザインの変遷を振り返って見たいと思います。2016年に初期のモデルが発売されたRIPですが、2018年以降にリリースされた後期モデルでは、フレーム形状がアップデートされ、かなり印象が変わりました。
tern RIP

tern RIP ディープリムに対応した予備チューブを購入する

tern RIPは、リム高41mmとそこそこディープな黒ホイールを履いています。ローハイトのホイールと比較を行なったわけではないので、これがもたらすエアロ効果は未知数ですが、なによりもルックスが非常に良い。しかしながら、メンテナンスを考えた時、交換チューブはどうする?
tern RIP

tern RIP ハンドルバーバッグを取付ける

RIPのハンドルバーに5Lのバッグを取付けました。ROCKBROS(Amazonのページにジャンプします)という中華ブランド製、後述しますが合体できる親バッグと子バッグの子バッグの方。
バイクコラム

tern Rivet 美しすぎて購入を断念した新旧のハイブリッド車

650Cホイールの自転車が欲しい。そんな積年の思い(5年くらい?)を叶えるべく、ternのRoji Bikes(※)のラインナップから候補となる車種の選定を開始しました。最後まで悩みに悩んだのが、次の2車種。エアロ形状のアルミフレームのRIP、もしくはネオクラシカルなクロモリフレームのRivetのどちらを選ぶか。
tern RIP

tern RIP 黒スポークのタッチアップ

tern RIPの前輪のスポークに2cmくらいの塗装剥げが見つかりました!銀色に光るステンレスの地色がむき出しになっているので、これがけっこう目立ちます。今日はソフト99のタッチアップペンを購入してきて、これを修復してみたというお話です。
tern RIP

tern RIP 2020 テストライドのインプレッション

tern RIPが届いた初日はポジション出し、そして、あらかじめAmazonでポチっておいたアクセサリ類の取り付けと交換で終了しました。まあ、自転車版の初期設定が完了しました?的な。翌日の今日は、待ちに待ったテストライドを行いました。走行距離は15km。
tern RIP

tern RIP 初期装備のアクセサリ取り外し、交換、取付けなどなど

「とりあえず安いの付けておくから、後で好きなのと交換してね。」メーカーのそんな意図すら感じるRIPのショボい初期装備品の交換や、LEDライト(RIPにはライトが付属しません)の取り付けなんかを行ってみました。RIP到着から2日目の今日。
tern RIP

tern RIP 2020 シルクポリッシュが家に届きました

2020年の4月某日、いよいよ待ちに待ったtern RIP 2020年モデルが家に届きました。楽天市場の防犯登録をしてくれるお店にて購入。ネットで自転車買って、近所のホームセンターに防犯登録だけお願いに行くのもなかなか恐縮なので・・・。
タイトルとURLをコピーしました