650C

tern RIP

tern RIP 2021年モデルが出揃いましたね

今年の10月に入ってから、楽天などのネットストアで先行発売がなされていたtern RIPの2021年モデル。本家、tern Bicycles Japanの製品ページもやっとこさ2021年モデルに更新されましたので、ここに雑感を書き記します。
tern RIP

tern RIP 2020 実走行 45日間のインプレッション

tern RIP 2020モデル(カラー:シルクポリッシュ フレームサイズ:460mm)が家に届いて、一月半の45日が経過しました。実走行距離は、およそ150km。この期間を通じて、実際に感じたインプレッションをまとめてみました。
バイクコラム

【悲報】HELMZ 650Cがいつの間にか生産終了していた件

日本人男性の平均身長を考えると、ホイールはむしろ650Cを選んだ方が、フレーム設計が容易なのではないか?しかし、絶滅危惧種なマイナー規格の650Cホイール。今日はそんな中からまたひとつ、HELMZ 650Cがひっそりと生産終了していましたというお話です。
tern RIP

tern RIP フロントタイヤとリアホイール、ちょっとした不具合を解消

まだ5月の後半の入り口ですが、今後1週間の天気予報が見事に雨マーク一色。こんな時は、室内で自転車のメンテでも行い、ステイホームに徹します。RIPの前タイヤのちょっとした不具合の解消と、黒いセミディープリム・ホイールについた小傷のタッチアップを行います。
tern RIP

tern RIP BBB BIKESKIN フレームプロテクターを貼り付ける

本日は、Amazon開封を儀を行います。そう書くと、何だかYouTuberになったみたいですが、残念ながらブログの記事です(苦笑)。RIPのフレームをに貼り付けるフレームプロテクターを購入しました。
バイクコラム

リンク集 650Cホイール「推し」の記事・サイトのまとめ

日本人男性の平均身長(約170cm)には、650Cホイールの方がフレーム設計がしやすいのではないか?という意見が、ネット上には少なからず存在します。tern RIP 2020の購入に際して、とても興味深く参考にさせて頂いたサイトの数々をご紹介します。
tern RIP

tern RIP デザインの変遷、新旧のフレームを比較してみた

今日は、tern RIPのデザインの変遷を振り返って見たいと思います。2016年に初期のモデルが発売されたRIPですが、2018年以降にリリースされた後期モデルでは、フレーム形状がアップデートされ、かなり印象が変わりました。
tern RIP

tern RIP ディープリムに対応した予備チューブを購入する

tern RIPは、リム高41mmとそこそこディープな黒ホイールを履いています。ローハイトのホイールと比較を行なったわけではないので、これがもたらすエアロ効果は未知数ですが、なによりもルックスが非常に良い。しかしながら、メンテナンスを考えた時、交換チューブはどうする?
tern RIP

tern RIP ハンドルバーバッグを取付ける

RIPのハンドルバーに5Lのバッグを取付けました。ROCKBROS(Amazonのページにジャンプします)という中華ブランド製、後述しますが合体できる親バッグと子バッグの子バッグの方。
バイクコラム

tern Rivet 美しすぎて購入を断念した新旧のハイブリッド車

650Cホイールの自転車が欲しい。そんな積年の思い(5年くらい?)を叶えるべく、ternのRoji Bikes(※)のラインナップから候補となる車種の選定を開始しました。最後まで悩みに悩んだのが、次の2車種。エアロ形状のアルミフレームのRIP、もしくはネオクラシカルなクロモリフレームのRivetのどちらを選ぶか。
タイトルとURLをコピーしました