tern RIP クランクの交換② シマノ ALFINE FC-S501のインストール

tern RIP クランクの交換② シマノ ALFINE FC-S501のインストール
広告

tern RIPのボトムブラケット(BB)をホローテック IIに換装し、いよいよシマノ ALFINE FC-S501のクランクセットのインストールを行います。ただし、チェーンリングをRace Faceのナローワイド44Tに交換し、できるだけRIPのオリジナルスタイルを踏襲します。

なお、BBをスクエアテーパーからホローテック IIに交換した、前回の記事はこちら。



tern RIP 交換クランクの最適解?シマノのニッチなシングルクランク

シマノ ALFINE FC-S501とは?

シマノのフロントシングルクランクに、ALFINE(アルフィーネ)FC-S501というニッチな製品があります。このクランクは、tern RIPのホローテック II化を安価に行う最適解か?と考えてしまうほど、奇妙に各部がRIPの純正クランクの特徴と一致します。

そもそも、クロスバイクに特化した激レア仕様のクランクが、まさかのシマノからリリースされていたとは。これぞ、灯台元暗し。

シマノのシングルクランク、ALFINE FC-S501
シマノのフロントシングルクランク、ALFINE FC-S501。標準でバッシュガードとホローテック IIのBBが付属します。
シマノのシングルクランク、ALFINE FC-S501
左:2ピース構造のクランク内側 右:重量は554グラム

それでは次から、ALFINEのクランクセットの各部を細かく見てまいりましょう。

PCD130の5アームクランク

右のドライブ側クランクには、ヒトデを思わせる5本のアームがニョキニョキと生えており、それぞれの先端に空いた穴で、チェーンリングのボルト止めを行います。これら、5つの穴の中心を結ぶ円の直径を、PCD(欧米ではBCD※)と呼びます。PCD130は、この円の直径が130mmであるのを意味します。

※PCD = Pitch Circle Diameter, BCD = Bolt Circle Diameter

シマノ ALFINE FC-S501の42Tチェーンリング
シマノ ALFINEクランクセットの42Tチェーンリング。5つのボルト穴の中心を結ぶ円の直径は130mm。

PCD130の5アーム仕様は、RIPのオリジナルクランクと奇妙にシンクロしますが、ロードバイクのジャンルにおいては、もはや完全に廃れた旧規格のデザインです。良く言えば、レトロなオールドスクール系のクランク?ピストバイクのジャンルにおいては、今だ絶大なる愛好者の存在する規格です。

39T、42T、45Tから選べるバリエーション

ALFINEのクランクセットは、チェーンリングの歯数が39T、42T、45Tの3つから選択が可能です。RIP純正のチェーンリングは、歯数が44Tのナローワイド仕様(※)。ALFINEでの近似値は45Tですが、自分はチェーンリングを別のに交換してしまうので、中間の42Tを購入しました。

※幅の広い歯と狭い歯が交互に並んだチェーンリングのデザインを、ナローワイドと呼びます。ディレイラーの無いフロントシングルの運用で、チェーンが脱落しにくい構造です。2019年モデルより、tern RIPのチェーンリングもナローワイド化されましたが、材料が鉄製で重いのが難・・・。

通勤自転車に嬉しいバッシュガード付き

残念ながら、ALFINEのチェーンリングはナローワイドではありませんが、その代わりにバッシュガードが付属します。通勤でクロスバイクに乗る人にとっては、嬉しい仕様と言えるのでは?チェーンがフロントの外側に脱落しづらく、また、チェーンオイルでズボンの裾が汚れません。

ALFINEのバッシュガードは軽量なアルミ製で、巷のクロスバイクに良くあるプラスチッキーでチープな見てくれとも無縁です。

シマノ ALFINE FC-S501のバッシュガード
バッシュガードは、アルミ合金と思われる軽量な金属製。

カラーはシルバーと黒があります

ALFINEのクランクセットは、シルバーと黒の2色展開。まあ、RIPに取り付けるのであれば、黒を選びますが・・・。ちなみにRIPの純正クランクは、無骨なマットブラックですが、ALFINEはツヤツヤのシルキーブラック。このあたり違いは、受け手の好みが分かれるかもしれません。

クランク長は170mmのみ

気になるクランク長は、170mmの一択となります。乗車に適した身長は、実質170cm〜くらいでしょうか?小柄な人は、シートポストの上げ下げで、なんとか工夫を。ちなみに、RIPの純正クランクもサイズは170mm。ALFINEのクランク長が、ドンピシャで一致します。

さらに嬉しい、ホローテックII BBが付属

Alfineのクランクセットには、ホローテック IIのBB(型番:BB-RS500)が同包されます。わざわざ別売り品のBBを購入せずに済むのが、なんとも嬉しいコスパの良さ。

シマノ ALFINE FC-S501 クランクセットに付属するホローテック IIのBB
シマノ ALFINE FC-S501 クランクセットに付属するホローテック IIのBB。

Alfineをバラして、Race Face 44Tを取り付ける

バッシュガードとチェーンリングの取り外し

右のドライブ側クランク、5本のアームの外側と内側には、バッシュガードとチェーンリングがフィキシングボルトで固定されています。チェーンリングの裏側のボルトにペグスパナを掛け、外側のバッシュガード面のボルトを5mmのアーレンキーで緩めて外します。

5本あるフィキシングボルトを同様の手順で外すと、バッシュガードとチェーンリングがクランクアームから離脱します。

シマノ ALFINE FC-S501:フィキシングボルトの取り外し
iPhoneのカメラが突然バグったか?この写真だけ、まるで銅のような色調でALFINEが写ってしまった・・・。左:チェーンリング内側のフィキシングボルトにペグスパナを掛け、空回りしないよう固定します。 右:チェーンリング外側のフィキシングボルトに5mmのアーレンキーを差し込み、左回しでボルトを緩めて外します。

蛇足ながらALFINEは、2枚の歯数の異なるチェーンリングをアームの内側と外側に固定して、簡単にフロントダブルのクランクに早変わりする構造なのか?PCD130のチェーンリング自体が、今や極めて入手性に難ありですが・・・。

Race Face 44Tの取り付け

次に、あらかじめWiggle.jpで購入しておいた、Race Faceの44T、ナローワイド(Wiggle.jpにジャンンプします)のチェーンリングを取り付けます。このチェーンリングは、裏面にRace Faceのロゴが印刷され、リバーシブルで利用が可能。気になる重量は98g。

RACEFACE 5-Arm Chain Ring PCD 130
Race Face 44T ナローワイドのチェーンリング。両面をリバーシブルで使える設計。重量は98gと軽量。

ALFINEに付属のフィキシングボルトでは少々寸法が長いため(バッシュガード分の厚みが考慮されている)、KCNCのシングル用フィキシングボルトを追加で購入しました。取り付けが完了したのが、下の写真。それぞれのパーツのデザインが見事にマッチして、なかなかに好印象。

ちなみにRace Faceは、カナダのヴァンクーヴァーを拠点とするコンポーネントのブランドです。公式サイトはこちら。

シマノ ALFINE FC-S501:RACEFACE 44Tを取り付け
チェーンリングの小さな白文字とクランクの白いシマノロゴが、実に違和感なくマッチしました。

KCNCのフィキシングボルトは、5mmと8mmのアーレンキーで着脱が行える気の利いた設計。内側のフィキシングボルトを固定するペグスパナが要らず、クランクをフレームに取り付けたままの状態でも、フィキシングボルトの着脱が楽に行えます。

シマノ ALFINE FC-S501:RACEFACE 44Tを取り付け
Race Face 44Tは、ロゴ面を内側に取り付けました。見えないところに気を配るのが、オシャレというもの・・・。

以上の作業にて、5アーム、PCD130、44T ナローワイド、そしてクランク長170mmの条件をクリア。RIPのオリジナルを、ほとんど踏襲したクランクセットの完成です。ただしBBは、スクエアテーパーからホローテック IIにアップグレードされた格好となります。

それでは、tern RIPに取り付けを行いましょう

とにかくクランクの着脱が簡単なホローテック II

右クランクの取り付け

スクエアテーパーBBに比べて、とにかくクランクの取り付けが簡単なホローテック II規格。ドライブ側の右クランクに関しては、シャフトをBBの右ワンに手で押し込むだけです。念のためクランクの中心に当て布をして、ゴムハンマーで軽く数回叩いてやれば完璧。

シマノ ALFINE FC-S501:右クランクの取り付け
右クランクの取り付けは、BBの右ワンにシャフトを差し込んで終了。

左クランクの取り付け

左のBBワンからクランクのシャフトが突き出したら、そちらへ左クランクを差し込みます。BBワンの内部には、出荷グリスがてんこ盛りに塗られているので、あまりにもはみ出た分は拭き取りましょう・・・。

左クランクの軸受には細いスリットが切ってあり、間に薄い金属の爪が挟まれているので、マイナスドライバーなどでスリットの中へ押し下げます。続いて、2本のボルトを5mmのアーレンキーで交互に締めます。先に片方のボルトだけを固く閉めすぎると、スリットが均等に閉じないので注意。

シマノ ALFINE FC-S501:左クランクの取り付け
BBの左ワンからシャフトが突き出したら、左クランクを差し込みます。スリットの中央にある金属の小さな爪を下げ、2本のボルトを交互に締めます。

最後に樹脂製のキャップを専用の工具で取り付け、作業は完了です。しかし、こんなプラスチックの蓋みたいな工具を、数百円で別売りしているシマノって・・・。

シマノ ALFINE FC-S501:左クランクキャップの取り付け
左クランクのキャップを締めるシマノの「専用工具」(別売り)。クランクセットの付属品にしろとの声多し。

チェーンの再取り付けと、リアディレイラーの再調整

9速チェーンを張る

Race Faceのチェーンリングは対応チェーンが9速以上となるため、リアディレイラーは8速のクラリスのまま、9速のチェーンを張りました。もちろん、カセットスプロケットも8速で据え置き。シマノ製チェーンの内幅は8速が2.4mm、9速以上は2.2mmと異なるようですが、そこは自己責任の運用ということで、しばらく様子を見てみます。

リアディレイラーの再調整

クランクをtern RIPの純正からALFINEに交換したため、おそらくチェーンラインが数ミリずれて、リアディレイラーの再調整が必要でした。とはいえ、8速のクラリスなので、それほど手間はかかりませんでした。

ちなみに、シマノの公式によるALFINE シングルガードのチェーンラインは、42.7mm。tern RIPの純正クランクは、メーカー公称値がないので不明です。

以上で、RIPのクランク交換作業は終了ですが、次は実走行を100kmほど行い、実際の乗り心地や、あるいは何か不具合が発生しないかを記事に書きたいと思います。

tern RIP:クランクセットをシマノ ALFINE FC-S501に換装
クランクセットをシマノ ALFINE FC-S501に換装したtern RIPの勇姿。
シマノ ALFINE FC-S501:RACEFACE 44Tを取り付け
Race Face 44T ナローワイド・チェーンリングのロゴ面を内側からチラ見せ。

比較:クランク交換 軽量化のまとめ

tern RIP 純正クランク vs シマノ ALFINE + Race Face 44T

下に、今回のクランク交換を行ったそれぞれのパーツを計量し、表にまとめてみました。

tern RIP 純正クランクシマノ ALFINE + Race Face 44T重量差分
右クランク669g531g-138g
左クランク248g250g+2g
BB280g90g-190g
クランク固定ボルト26g-26g
総重量1,223g871g-352g

まず目につくのが、右クランクの重量差138g。ただし、左クランクの重量差はわずか2g(純正が軽い)と拮抗しているため、tern RIP 純正の右クランクは、鉄製のチェーンリング(磁石が吸い付きます)がかなりの重量を稼いでいるのではないかと思われます。

続いて、スクエアテーパー型とホローテック IIのBB重量差が歴然。BBの交換だけで、190gもの軽量化がなされています。まさに、構造的な宿命が表れています。総じてRIPの純正は、クランクセット周りが1.2kg超えの辛い結果に・・・。

また、昨年末のパンクに悩まされた挙句、前後のタイヤをコンチネンタルのGatorSkinに履き替え、この段階で310gの軽量化に成功しています。タイヤとクランクセットの交換を合わせて、約650gも軽量化した我がtern RIP。


関連記事

tern RIP【ワニ皮】タイヤをコンチネンタル GatorSkinに交換して、耐パンク性能の向上を図る
先日、夜間の走行中にRIPのリアタイヤがスローパンクする事態に見舞われ、その原因究明と修理に翌日の丸一日を費やす、といった悲劇がありました。したがって今日は、RIPのタイヤを交換。コンチネンタルのGatorSkinに履き替え、耐パンク性能の向上を図る作業を行います。
タイトルとURLをコピーしました