tern RIP【ワニ皮】タイヤをコンチネンタル GatorSkinに交換して、耐パンク性能の向上を図る

tern RIP【ワニ皮】タイヤをコンチネンタル GatorSkinに交換して、耐パンク性能の向上を図る
広告

先日、夜間の走行中にRIPのリアタイヤがスローパンクする事態に見舞われ、その原因究明と修理に翌日の丸一日を費やす、といった悲劇がありました。したがって今日は、RIPのタイヤを交換。コンチネンタルのGatorSkinに履き替え、耐パンク性能の向上を図る作業を行います。

ちなみに、その不運な顛末の一部始終をまとめたのが、下の記事です。こちらを先に目を通していただくと、本記事の内容がより分かり易くなるかと思われます。


コンチの「ワニ皮」が、無事手元へと到着

イギリスから日本へ、わずか10日のスピード配送

昨日、イギリスのWiggle.jpへ注文したContinental GatorSkin(wiggle.jpのサイトにジャンプします)が、無事手元へと配達されました。クリスマスのギフトシーズン&猛威を振るうコロナ渦にも関わらず、まさかの10日で日本へお届けのスピード配送。まったく流通に携わる方々の努力には、頭が下がります

イギリスの通販サイト、Wiggle.jpから届いたばかりのコンチネンタル GatorSkin。まっさらの新品です。
イギリスの通販サイト、Wiggle.jpから届いたばかりのコンチネンタル GatorSkin。まっさらの新品です。

GatorSkinのスペック

それでは、そんな流通業の方々への感謝の気持ちを胸に仕舞いつつ、GatorSkinのスペックを細かく見てまいりましょう。

時代に逆行する650C x 23Cの細タイヤだが

昨今、スポーツバイクのタイヤのトレンドは、以前の細タイヤから、完全に太めのタイヤへと移行しつつあります。今では、ちょい太めの25Cがデファクト・スタンダードになりつつあるのではないでしょうか?

しかしながら、自分が購入したGatorSkinのサイズは23C(※)。一昔前なら大手を振っていた、レーシーな細タイヤの代表格です。実際、RIPに初期装備のKENDAのタイヤは25C。サイズだけ見れば、トレンドに逆行して先祖返りしてしまった感が否めない・・・。

※GatorSkinは、23C、25C、28C、32Cと豊富なサイズ展開がなされているようですが、それはロードの王道、700Cホイールでの話。650Cホイールには、23Cしか選択肢がありません。

タイヤの横幅を実測して見ると、23Cの名が示す通りの23mm。KENDAの25Cは横幅が30mmもあるので、名前とは裏腹にGatorSkinは見た目があまりにも頼りない・・・。

tern RIP タイヤの横幅を比較:KENDAの25Cとコンチネンタル GatorSkin
左:KENDAの25C、横幅の実測値は30mm。実質、28C相当の太さか? 右:GatorSkinの横幅を正確に計測。23.5mmとかなりの細タイヤ・・・。

また、タイヤの横幅が異なると直径にも結構な差が出て、キャリパーブレーキとのクリアランスが大きく変わります。

tern RIP キャリパーブレーキとのクリアランスを比較:KENDAの25Cとコンチネンタル GatorSkin
左:KENDAの25C、キャリパーブレーキとのクリアランスは目測で、わずか3mm程度とかなりのカツカツ。 右:GatorSkinはキャリパーブレーキとの間に、8mm程度の余裕のクリアランスを確保。

推奨空気圧は7.5〜8.5barの高圧タイヤ

GatorSkinの推奨空気圧は、7.5〜8.5bar。これは、KENDAの25Cも一緒で、ロードレース用のタイヤとしては、ごく一般的な高圧タイヤの数値です。

重量295gの軽量、耐パンク・磨耗タイヤ

気になる重量を計ってみると、GatorSkinはなんと一本が285g。耐パンク・磨耗性能が高いのに、300gを切る軽さです。ちなみに、KENDAの25Cの重量を先ほど計測したところ、約440g(しばらく走って磨耗しているので、新品はさらに重いはず)もあるので、その差は歴然!

「ワニ皮」の由来?タフなポリアラミド繊維のケーシング

Continental GatorSkin: 丸囲みの部分が、GatorSkinのタフなポリアラミド繊維。サイドカットや貫通パンクから、タイヤを保護します。
丸囲みの部分が、GatorSkinのタフなポリアラミド繊維。サイドカットや貫通パンクから、タイヤを保護します。

タイヤサイドにはDuraskin®と呼ばれる、ポリアラミド繊維を帯状にしたケーシングの外層が見えます。タイヤ最外層の地面に設置するゴムは、この上から接着された構造となります。Duraskin®のタフなレイヤーがタイヤのサイドカットや、あるいは、タイヤの表面に突き刺さった鋭利な破片が、内部のチューブへと貫通するのを防いでくれます。

コンチネンタル GatorSkin:ポリアラミド繊維の見えるサイドウォール。確かにワニの鱗っぽい。
コンチネンタル GatorSkin:ポリアラミド繊維の見えるサイドウォール。確かにワニの鱗っぽい。

もしかして、GatorSkin(ワニ皮)なる異名は、このポリアラミド繊維の見てくれを持ってして名付けられたか?

Continental GatorSkin: tern RIPのホイールへの取り付け方
左:バルブの位置は、タイヤサイドのロゴの中央に揃えます。 右:タイヤサイドに進行方向を示す矢印がありますが、サドルに跨ってパターンが「ハ」の字に見える向きで取り付けます。

それではいつもの、テストライドへ

GatorSkinの乗り心地は?

RIPのタイヤをGatorSkinに履き替え、試しに15kmほど走って来たので、以下、その雑感を書き記してみます。結論から言えば、23Cの極細レーシーなタイヤに覚えた最初の不安は見事に払拭され、実に晴れやかな気分で自宅へ戻って来ることとなります。

GatorSkinの装着が完了した、tern RIPのフロントホイール
GatorSkinの装着が完了した、tern RIPのフロントホイール。今から、ひとっ走りして来ます。

クッション性の良し悪しは、タイヤ空気圧の管理がキモか?

わずか23mmの細いタイヤに8.5barもの空気を注入しているため、当然、タイヤはコチコチの鬼高圧。路面のわずかな凹凸が、敏感にライダー(自分です)の体へと伝わります。路肩に描かれた白線を踏んでも、その僅かな段差を識別できるほどです。

ただし、全体的に見たクッション性は、懸念していたほど悪くありません。歩道の段差などから受ける大きめな衝撃に関しては、KENDAの25Cとさほど変わらず。この印象は、かなり意外でした。GatorSkinを快適に乗りこなすには、適正な空気圧の管理がキモだと認識しました。

Continental GatorSkinに履き替えたRIPの雄姿。タイヤのクッション性は推奨圧Maxの8.5barのエアを注入すると、なかなか悪くないです。
GatorSkinに履き替えたRIPの雄姿。タイヤのクッション性は23Cと細身ながらも、推奨空気圧Maxの8.5barのエアを注入してやると、なかなか悪くないです。

スケートのような滑らかな加速とコーナリングが心地よい

最初は恐々、ゆっくりとクランクを踏んで走行を開始しましたが、すぐに時速20kmを超えてしまうので驚きます。あまりにも加速がスムーズで、まるでアスファルトの上をスケートで滑っているかのような、不思議な感覚を覚えます。

そして、コーナリングが意外なほどスムーズ。タイヤの少ない接地面に対して、グリップ性が非常に優れているのでしょうか?tern RIPはそもそも、コーナリング性能が決して悪くありませんが、GatorSkinに履き替えたら、まるで地面に吸い付くような車体のコントロールが可能になった感じです。

RIPのギアが一枚軽くなった?

加速の良さもさることながら、一度スピードに乗ってからの伸びが最高です。ある程度加速はするものの、高速域に入ってからもたついたり、さらには、妙な減速に悩まされる感じが皆無。何より驚いたのは、KENDAの25Cでは重くてあまり使わなかったトップギアでも、グイグイと走れてしまうこと。

まさにRIPのギアが、一枚軽くなったような走行性能の向上。もう少しGatorSkinで走りこまないと分かりませんが、巡航速度の平均値が時速で3〜5km(※)ほど上がっているのではないでしょうか?

※いつも走る20kmのコースを、毎回アプリのCyclemeter(iOS/Android)で記録しているので、今後はGatorSkinに履き替えてからのデータとの見比べを行いたいところ。もちろん、耐パンク・磨耗性能も併せて観察したい。

総じて、KENDAの25Cは加速がもっさりしていて、高速域でも伸び悩み、そして、自分にとっては、ただただパンクに悩まされたトラウマしか残らなかった・・・。

あと書き

tern RIPから取り外したKENDA 25Cの初期タイヤ
tern RIPから取り外したKENDA 25Cの初期タイヤ。この後、緊急用スペアパーツの保管庫(物置き)へと格納されます。

今回、タイヤをGatorSkinに穿き替えるため、KENDAの25Cをフレームから外したら、またもや前輪のチューブに小さな穴が空いていました。前日の夜、20kmほど走って来たのですが、帰宅後にゆっくりと空気が抜けたのでしょう。

この事実だけでも、コンチネンタル GatorSkinという選択肢は、決して間違いではなかった


関連記事:予備チューブの準備も忘れずに。

tern RIP ディープリムに対応した予備チューブを購入する
tern RIPは、リム高41mmとそこそこディープな黒ホイールを履いています。ローハイトのホイールと比較を行なったわけではないので、これがもたらすエアロ効果は未知数ですが、なによりもルックスが非常に良い。しかしながら、メンテナンスを考えた時、交換チューブはどうする?
タイトルとURLをコピーしました