スポンサーリンク
バイクコラム

tern Rivet 美しすぎて購入を断念した新旧のハイブリッド車

650Cホイールの自転車が欲しい。そんな積年の思い(5年くらい?)を叶えるべく、ternのRoji Bikes(※)のラインナップから候補となる車種の選定を開始しました。最後まで悩みに悩んだのが、次の2車種。エアロ形状のアルミフレームのRIP、もしくはネオクラシカルなクロモリフレームのRivetのどちらを選ぶか。
パーツ・アクセサリ

バイクパッキング?予備のチューブと基本工具でパンクに備える

Zefalのボトルケージに入るツールボックスを紹介します。自転車の予備チューブや簡単な工具類なんかを収納します。ちなみに中華製ではなく、Made in Franceです。
tern RIP

tern RIP 黒スポークのタッチアップ

tern RIPの前輪のスポークに2cmくらいの塗装剥げが見つかりました!銀色に光るステンレスの地色がむき出しになっているので、これがけっこう目立ちます。今日はソフト99のタッチアップペンを購入してきて、これを修復してみたというお話です。
クエロ 20F

クエロ 20F タイヤ交換にまつわる話

2014年の1月に購入して以来、愛車のクエロ 20Fも前後で4セット目のタイヤとなりました。タイヤ交換も自分で覚えてしまえば、出先でのパンクにも対応できるし、あれこれ好きなタイヤを選んで試せるしね。
クエロ 20F

クエロ 20F あまり性能アップにならないドレスアップパーツを取付ける

クエロ 20Fのフロントのダブル化して、サドルとハンドルグリップを本革レザーへの交換を終え、そろそろ「ドレスアップパーツ」のひとつでも取付けてみたくなってきました。
アップグレード

クエロ 20F サドルとハンドルグリップを本革レザーに交換

クエロ 20F納車の翌月、2014年の2月。フロントのダブル化に続いて、標準装備のサドルとハンドルグリップ交換に着手します。そう、自転車沼をつつがなくズブズブと邁進しております。
アップグレード

クエロ 20F シマノ 2300でフロントのダブル化

クエロ 20Fを購入すると、奇妙なパーツがひとつ付いてきます。それは、ダウンチューブに取付ける左のシフトレバー。改めてダウンチューブの左側を観察すると、このレバーの取付け台座があります。そしてBBの下には、二本のケーブルを通せるガイドが・・・。
tern RIP

tern RIP 2020 テストライドのインプレッション

tern RIPが届いた初日はポジション出し、そして、あらかじめAmazonでポチっておいたアクセサリ類の取り付けと交換で終了しました。まあ、自転車版の初期設定が完了しました?的な。翌日の今日は、待ちに待ったテストライドを行いました。走行距離は15km。
クエロ 20F

ブリジストン クエロ 20F、前カゴを付けてポチりました(2014年1月の思い出)

20インチの小径車(ミニベロ)、ブリヂストンのクエロ 20Fがうちにやって来たのは、忘れもしない2014年の1月某日。当時のラインナップからは、20インチのラインナップからは、オフホワイトが選べました。
tern RIP

tern RIP 初期装備のアクセサリ取り外し、交換、取付けなどなど

「とりあえず安いの付けておくから、後で好きなのと交換してね。」メーカーのそんな意図すら感じるRIPのショボい初期装備品の交換や、LEDライト(RIPにはライトが付属しません)の取り付けなんかを行ってみました。RIP到着から2日目の今日。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました